2020年4月24日金曜日


 2年目の春のサバイバル



 ウラの沢近くにそびえる杉の木の下に寝かせておいた原木椎茸
 今年も裏切らずに顔を沢山出し始めている。
 3年はいけると聞いたけれど、実は半信半疑の今年の春だった。
 「やったね」
 これでまた美味しい茶碗蒸しが作れます!
 いや、その前に贅沢にステーキか。




こちらはスイカズラ科「ニワトコ」
カリフラワーのような花、これから少しずつ花らしくなる?
くせもなく食べやすいのは意外だった。
野蒜にカンゾウ。
イラクサはまだまだ.....。

周辺の山菜や野草、殆どが食べられるものばかりと気づいたのは数年前。
ガイドと照合したら出てくる出てくる。
先人たちは時々お腹こわしたりしながらも、次の世代に伝えていた。
生き抜く術をもって生きていくことを。
すべてはそこから始まっている。



今年はこういう事もむずかしい......。
               @二戸civic center