2020年3月26日木曜日



フクロウと春の音



サイズを間違って買ってしまった「粗塩」
蓋を開けた後に気づき.....こういうのもありかも、と考え直す。



予想しないことはいつの時代もあるものだ、と思える日々が続いている。
個人的にだけでなく、
知り合いの間でも 地域の中でも 地方や国、世界においても、だ。
そういう「非常時」になったらどうするか?

新年を迎えたある晩のこと。
さぁ、「いただっきま〜す」と言った瞬間、突然停電になった。
あるだけのロウソクをあっちだこっちだと置き、
懐中電灯2本つけての食卓に苦笑しつつ 
「江戸時代だったらもっと暗かっただろうね」
.......エネルギーのことなども皆で語り合い、美味しく心豊かな時間に。
かれこれ2時間。暗闇に目が慣れたころ 灯りが戻った。
「こんなに明るくしていたかなぁ?」
明りの眩しさに文明を感じ、それに対する違和感すら覚えたことに苦笑したほど。
全体照明は不得手なことから、スタンドや壁照明だけでも明るく感じたことも。


新型肺炎ウィルスの感染拡大を遅らせるために何をするべきか?
ドイツの首相は「公的な生活を一旦止めること」と話していた。
教育や文化、スポーツや音楽、芸術そして....もちろん仕事さえも。
それがどんなに困難で耐え難くとも、延々と続くのではないと分かっていても
子供たちのにぎやかで向日葵のような笑い声が聞こえなくなったり、
いるべき場所に人がいないのは寂しいことかもしれない。






フクロウの鳴き声が最近よく聞こえて来る。
夜行性だから発見することはなくても、存在の確認だけで満足している。
雪が溶けたウラの畑はまだ目覚めていないけれど
辺りを見渡せば、
チューリップや水仙の葉がソロソロ伸び出して、花芽も大きくなってきた。
淡々と普段の生活を続けるだけ。
歩きながら心の中でつぶやき
春の音も静かに聞こえているよ、と耳を澄ましている。




 

2020年3月15日日曜日



 無事終了して



シーソーゲームのような気温の日々がまだ続いている。
2日前は4月中旬のようになったかと思うと今日は冬型に戻ったり、
天気も人間社会のように忙しい。

縁あってのfamily wedding 開催。
昨年秋から何度か打ち合わせを重ね、先週無事に?終えることができた。
盛岡市の専門学校の学生たちと先生たちの大きなフォローがあってのこと。
引き受けたものの、ドキドキしながらその日を迎えたけれど、
新しい門出のお手伝いができたことにホッとしている。
雲一つない青空の下、ウラの岩手山もクリアーに見えたことも、だ。


 









壁の灯りは導き。
参列者と共に....




「迎える朝」
挙式2日前に降った雪で一瞬どっきり。里山だもんね〜。



全て終了しHoneymoon couple を囲む学生さんたち。
本当にお疲れ様でした。
Kさん末長くお幸せに💗




















2020年3月4日水曜日


 春はまだ遠く









「宗教者7人の話し合い」
こんなミーティングなら
参加してみたい。
何度見ても穏やかになれる。




全く読めない自然の動き。
屋根を伝わって落ちてくる重い雪の音で夜中に目覚めてしまった。
きっとレム睡眠だと読まれたのかもしれない。
プラス気温で降られると、除雪は大変デス。

      


 「冬眠トマト」目覚める! 


「何も足さない 何も引かない」
そんなフレーズで始まる某ウイスキー会社のCMがあったことを思い出した。
ドレミで言えば まさしく「ド」、つまりCコードのタッチで語るナレーションを。
ふぅ〜ん。。。
当時の子ども(!)の耳に残るモノローグは、凛としていて強烈だった。


昨年8月、K夫婦が育てた有機クッキングトマト。
フリーザーで眠ること半年と少し、3袋3kを昨日受け取ってきた。
冷凍するとソース作りがいかに便利か、経験しているとよく分かる。



 「山と海の幸せ」を閉じ込めてオーブンに。ちょっと左寄り?の試作。



「疑うことなく進みなさい」or 「己の泉を探り続けなさい」