2019年11月16日土曜日


 Photo letter


雲ひとつなく暖かく天は高く


 「カラマツが黄金に色づく頃に初雪が降る」
  ずっと言われていることだが、その時期を迎えている。
  天気予報に雪だるまのマークが現れ、
  暖かかった朝は何処かに消えてしまい午後からは大荒れになった。
  早めに冬タイヤへ交換を、というニュースを気にしつつ、未実行。




 Sさんから連絡が入り柿取りの誘いがあった。
 和室の前、田んぼの横、家の裏側にもう一本、
 祖父の時代に植えたらしいということだっ
 たが取れきれないから、当の本人は取らない。
 脚立を借りてカゴに入れたその数は100個以上。
 
 さて、
 栗の皮むきで指がおかしくなった先月
 今度は柿の皮むきだ!
 気合いが入る ....(入らない)
 
 
 



ヘタを焼酎につけ軒下に吊るす予定
タコ糸を切らしていることを思い出し作業は一時ストップ。



                ウバユリがなぜか一本
                   秋を仕舞う