2019年9月30日月曜日


 Kitchen ラボ

 栗の落下が始まっている。
 朝からアラレのように降って来て、敷地の中はイガだらけ!
 里の栗の三分の一ほどしかないサイズだ
 処理に膨大な時間がかかるのが難点?で
 栗拾いの後のことを考えると「......」となりそうにもなるけれど
 山の恵みは素晴らしい。


 黙々と作業をしながら遥か遠くの時代を考えていた。
 これが縄文時代なら、一日中食べ物の採取と加工や備蓄に追われていただろう。
 採取する容器は樹皮などの紐を組んで袋にしたのだろう。
 樹皮を剥いで紐にする作業もあったはず、とか。
 遺跡の発掘で発見されたニュースのことなど思い出し
 去年も同じようなことを言ってたなぁと振り返る。
 4500年前の暮らし方など想像も難し。
 








「先憂後楽」
去年の秋に瓶詰めした渋皮煮
瓶で10本以上は作ったかなぁ。。
丸二日費やしたけれど
山の恵みを知らんぷりするのはココロ苦しく 
ゴッホの落ち葉拾いの構図のごとくの作業
地面に落下した栗と再び格闘している。






大き目の栗は渋皮煮へ
小さめのそれはマロンクリームかポタージュへ、と振り分ける。
あーそれにしてもどこまでが小さめでどこからが大きめ?
キッチンはボールとバットの山に占領されて収拾つかない。。



奥のボールは渋皮煮へ タイムアウトで冷蔵庫にて仮眠....zz。