2018年11月7日水曜日



  引っ越し

 ウラ側からの紅葉
  

  岩手山の初冠雪、去年より3週間も遅かったらしい。
  今年の秋は穏やかだ。
  昨年10月は雨が3週間も降り、梅雨は秋もあるのかと恨めしく思ったけれど
  暖かい日が続くと外仕事、いわゆる「秋仕舞い」に追われ出す。
  他の仕事を投げ出して 寒くならないうちにとリスのように動いている。
 
  
 
   
 暖かい分だけ紅葉も穏やか
 モミジは赤にはならなくて
 クロモジやカエデも黄色ではない。
 それでいて、
 それぞれが何となく調和している。
 主張するでなく 
 譲り合っているわけでもない。
 あるがままの秋  
    
   
 

  《備忘録》
  紫陽花の大引っ越しを決行した。3年前からの懸案事項。
  ここの大地がよほど気にいったのか、
  年々子孫を増やし末広がりの怖いものなしの様相を呈していた。
  スコップで根回ししながら…..歯が立ちそうもないかと
  挑んだことを内心後悔しつつも戻ることができない状態に陥る。
  紫陽花の「木」と「木」の間にコナラの木や栗の木、カエデまで根付いていて、
  大きなカブを抜いて尻餅ついてしまう昔話と同じ構図に。
  走らなくても10km走った後の心拍数になり立ち往生。労働者たるを知る。
  季節外れの汗もかき、結局1日かかってしまった。
  4時半には暗くなるのだから…..。give  up….。
  





  
  あまりにも肉厚なので「椎茸ステーキ」に。
  ナラの木が最適ということを聞き、
  それならナラは沢山あるのだから、と。
  初挑戦の原木椎茸
  最初の一個はジャンボサイズ 190グラム!

  追随の椎茸は未だ顔を出さず。
  ちょっと気がかり….。



   

  




   こちらは順調なナメコ
   桜の木に菌を打った
   ポコポコと
   卵ボーロみたい
   傘が開いた方が美味しい。
    




ハウス内の最後のコルシニョン
とげとげがあるのは「自己防衛」
素手で触ると怪我をしそう
何だかサボテンみたいね。









まだまだ頑張っているトマト
味が甘くて感激!
気のせいかもね。
もうそろそろ終わりよねぇ…と言いつつ
名残惜しくて、どこまでいけるか思案坂。