2018年10月9日火曜日


 境界線を超えて












銀杏の木はないけれど
カエデとクロモジはゴールドの装いが待っている。
赤に黄色にオレンジ…
何故そうなるかという科学的な分析は横に置いて。



 
「 蒼氓」
本当に沢山 サワフタギの青い実


  気ままな天候はこの秋も同様らしく
  傘マークがない日でも雨が降り
  青空で晴れていても
  小雨は容赦なく空のすき間から降ってくる。

  毎年の変化にも慣れつつあるが
  鹿は茄子を食べるの?
  インゲンの芽を食べたのは 誰?

  案山子がホントに必要かもね。。
  

  リスも見向きしないほど沢山のドングリは
  竹箒で掃いて集めても集めきれず
  道と薮の境?の曖昧なゾーンに
  知らんぷりすることにした。
  いずれナラの木々に成長し 
  ドングリ森になるだろう。
  夢見る 木の実たち 眠りにつく。

  昨日はミンミン蝉が、またよみがえるように鳴いていた。
  夏だと勘違いするほどの暖かさ。
  何これ?