2018年8月31日金曜日



 トマトは主張する

左、776g 、右687g の重さ

 
 8月も終わりの日を迎えています。

 先日の18日、
 サンマリオ・アレッツォという品種のトマトをFさんから頂きました。
 写真からは伝わりにくいけれど、一個の重さが800gに近いのです。

 Fさんは神戸出身の方。
 大手の化学系会社を定年退職され、「農業講座」に参加し「目覚めてしまった」と。
 雫石町に移住し土づくりからコツコツ始めました。
 それも…

 化学の限界を知り?
  これからは有機農業で恩返し...という分けでもないようですが、
 全て無農薬で
 完全有機で持続可能な、人が繋がってゆく有機社会が目標と、
 声を「小」に謙虚な姿勢。

 我が家の栗の苗を差し上げたことがありますが、
 今や親を超え、里の栗として大木へと成長しています。お見事!
 
 アレッツォは2,3年前にイタリアに行った時購入した有機品種らしいのですが、
 初チャレンジでここまでなったそうです。
 
 この段階は7月22日



鍋の径が23cm。大きさを想像してみて。

 今年はトマトも高温障害で高値の話を聞きますが、大丈夫ということ。
 ハウスの管理…より愛情が上回ってます。
 種が本当に少なく、トマトソースにピッタリでした。
 半量を「貯蓄」残りでアサリのトマトソースパスタに〜♬。
 
 働き過ぎて昨年体調を壊されたFさんでしたが、回復も順調。
 「これも野菜に助けられた」と。
 誰が作った、誰が育てたと、
 食べ物のカウンターにその人がいるということが「見える関係」。
 手本となるFさんです。
 見習いたい、その姿勢。