2018年8月31日金曜日



 トマトは主張する

左、776g 、右687g の重さ

 
 8月も終わりの日を迎えています。

 先日の18日、
 サンマリオ・アレッツォという品種のトマトをFさんから頂きました。
 写真からは伝わりにくいけれど、一個の重さが800gに近いのです。

 Fさんは神戸出身の方。
 大手の化学系会社を定年退職され、「農業講座」に参加し「目覚めてしまった」と。
 雫石町に移住し土づくりからコツコツ始めました。
 それも…

 化学の限界を知り?
  これからは有機農業で恩返し...という分けでもないようですが、
 全て無農薬で
 完全有機で持続可能な、人が繋がってゆく有機社会が目標と、
 声を「小」に謙虚な姿勢。

 我が家の栗の苗を差し上げたことがありますが、
 今や親を超え、里の栗として大木へと成長しています。お見事!
 
 アレッツォは2,3年前にイタリアに行った時購入した有機品種らしいのですが、
 初チャレンジでここまでなったそうです。
 
 この段階は7月22日



鍋の径が23cm。大きさを想像してみて。

 今年はトマトも高温障害で高値の話を聞きますが、大丈夫ということ。
 ハウスの管理…より愛情が上回ってます。
 種が本当に少なく、トマトソースにピッタリでした。
 半量を「貯蓄」残りでアサリのトマトソースパスタに〜♬。
 
 働き過ぎて昨年体調を壊されたFさんでしたが、回復も順調。
 「これも野菜に助けられた」と。
 誰が作った、誰が育てたと、
 食べ物のカウンターにその人がいるということが「見える関係」。
 手本となるFさんです。
 見習いたい、その姿勢。
 






 

2018年8月25日土曜日


今頃になって



  
 







灯台は春でも秋でもいいかもしれない。
でもやっぱり夏が一番似合う。


@入道崎




 世の中のリズムからちょっと遅れてのお墓参りへ。
 静まり返ったお寺の境内も、周囲を見渡すと花・花・花で賑わっていた。
 賑やかなのに静かだなんて矛盾しているようだが、お寺は変わらず迎えてくれる。

 本堂脇の巨大なケヤキが2本、樹齢は200年以上は超えている。
 そんな豊かな環境に、
 アブラゼミ ヒグラシ ミンミンゼミ ツクツクボウシ
 暑ければ暑いほど絶好調!と言わんばかりに鳴き合戦も止まらない。
 夏、解放された空間は平和そのものだ。
                                

              本堂横の「百日紅」も大木に。

蓮池(本当は防火用水?かと)

えぃッ!と足を伸ばし、男鹿半島 / 遠浅の「鵜崎海岸」

 記録をめくれば、
 去年の8月は毎日のように雨が降り 梅雨の延長のような天候に悩まされた。
 降雨量はそれほどでもない今年でも、
 やっぱり異変を感じ首をかしげてしまう。
 45億年とも言われる地球の年輪だもの、
 10年20年の長さでジタバタするのも可笑しいか。。
 
 波の動きをながめている時間は穏やかそのもので、
 時に縛られない「その時」は、ココロの中も穏やかになっていく。
 何処かに置いて忘れていたことも、「今頃」になって気づいたり、
 地球が自転するように時代そのものも動いている。ヒトもその一部。
  
 …...そうは言っても、一昨日はついに36℃〜〜の気温!
 お盆が過ぎると秋の気配は濃厚になるはずなのに
 V字の気候に振り回される? この1週間。
 

次回はあるかな? 夏の海にさようなら〜
















2018年8月5日日曜日


 
 再びデクノボーの夏

湯むきトマトはスペアミントと蜂蜜で

 
 寒すぎるのも辛いが、暑すぎるのも同様に応えるもので
 「どうにかしてくれ〜」と開き直りに近い状態に陥るものだ。

 汗をかくまでのアイドリングは苦手だけど、
 そのゾーンを過ぎると暑さもそれほど苦にはならなくなる。
 とは言え、33℃くらいが限度かなぁ〜と。体感温度で。
 夏の外仕事は、結構辛いものがあります。
 それ故に、灼熱の中でビル工事や道路上で作業している方たちには
 知り合いでなくても思わず頭を下げてしまうの、という日々。

 
  

  「ミニ温室は絶好調?」

  窓を開けないとすぐ40℃を超えてしまう
  播種の時期をかなりオーバーして植えた胡瓜の種
  黄色の花が10本以上付いている。
  
  途中で折ってしまう事件?があったが
  持ちかえした「ピクルス用の小さなサイズ」
  低い天井にもうすぐドッキングの勢い
  










遅いスタートだった6月中旬





   
                       7月25日
  少しずつの成長が 分かります。
  記録は大事だということも。

   


   

  






赤紫蘇シロップを取ったあと→乾燥中










   大粒の土らっきょうを入手
   皮むきが大変!
   ブツブツつぶやきながらも
   途中で手を止めるわけに行かず
   何とか仕上げる。
   やれやれ。。。
   「いつもこうなのよね」