2018年7月18日水曜日


 梅雨は未だ明けず 


スペアミント ペパーミント フェンネル タイム シナモンバジル……


     
 ♬♪ Are you going to scarborough fair ~〜

 サイモン&ガーファンクルの名曲だよね、と時が経った今でもメロディは浮かんできて、
 当時ヒットした時、
 パセリは知っていても
 セージやローズマリーand タイムは、何のことかさっぱり分からず
 分からないなりにも歌詞は覚え口ずさんでいたことを思い出す。


 ウラの畑の一角には、オレガノを始めローズマリーにディル、フェンネルと
 種からトライしたハーブが、暑さも押しのけ雑草に紛れ順調に増えている。
 特にフェンネルは去年咲いた花から種取りしただけに、ちょっぴり「自慢」のハーブ。
 何もしなくても勝手に増殖していくオレガノやミントは「自立種」=宿根。



 一番ポピュラーなパセリは、苦痛を和らげると聞いたけど、
お刺身のツマ同様一緒に添えられるそれは…..特別に何もなく、
苦痛を感じてない時に食すのはどうなの?と茶々を入れたくなる。
フフッ。〜アマノジャクかな。

 ローズマリーにタイムは「愛」や「勇気」の象徴だというが、
タイムはともかく、シソ科に属するローズは、残念ながら寒冷地の冬には応えられない。
冬に立ち向かう勇気はないようで、いつも鉢上げしているのだから根拠は不明….と。



1年ぶりに登場のプディング+ラズベリーの二層ムース💗


       


ドクダミ
都ワスレや虎の尾を追い込んで
たった一株から6年間
今や「筆頭株主」のような存在になってしまった。

これほど強い種類と知っていたら….
植えるのではなかった?
….などと振り返るのは止めよう。

カットしてザルに入れて
お茶にすることに→初めての試み。


  夏日 真夏日 猛暑日 そして酷暑 
 一番寒い時期の温度から40度もアップ。何をしていても暑いけれど
日没を迎える頃には一気に涼しくなる。
冷涼な空気を 南に運んであげよう できるなら….
逆に 冬になったら 暖かい空気を 運んでもらいたい できるなら….