2016年12月21日水曜日



 冬至に占う





 
 見上げてごらん、夜の星….
 普段見上げて星座を探すことは少ないけれど、
 ザ・オリオン(オリオン座か)らしきものを発見〜♪
 空気が冷える冬は星の輝きが違って見えるのは確かだ。


カボチャと小豆を食べて柚子湯に入る。
栄養をつけて健康を祈って冬を乗り切ろうという、冬至にまつわる話。
地方によっては金運もプラスされて言い伝えられている、とか。めでたい?

今日聞いたのは、
冬至の日が晴れて穏やかな一日になると来年は概ね好天候に恵まれ、
井戸の水が枯れてしまうと、飢饉に気をつけなければならない….という占いの話だ。

科学的な根拠の有無はさておいて、
自然を前に人は謙虚になり、
おだやかな冬至の一日に希望の年を描きたい、という願い。
言い伝えやウンチク、昔話のようにあるけれど
平和なことは何にも代え難い。

占いと言えば….
星座に干支、誕生月に血液型、風水にタロット、古くは四柱推命….
数えてみれば、随分と沢山あることに気づく。
手相もあった、先祖のナントカも。

ウラの畑のカボチャと、Hさんからの小豆を煮て頂いた。
これで冬を乗り切るとする、か。。。



雪が溶けて、寒冷紗ネットの中の黒キャベツ
凍らずまだまだ行けると、踏ん張っている!