2016年4月18日月曜日



 ワルツのようには進めない



黒豚のリエット ピクルスと似合うなぁ


  風の強い夜が開けて….

  暖冬ぎみの年は春が遅いというのは本当かもしれない。
  盛岡市でも桜が咲いたのに、ここではまだ水仙がチラホラ、という具合。
  シンメトリーに植えたチューリップはやっぱり片側しか出て来なくて、
  野ネズミかモグラの食糧になった気配…来年はどうしようか?



  熊本県の大地震に、17年前のことを思い出した。
  同じく直下型だったけれど、ログハウスは土台ごと傾き、
  キッチンは上の棚から殆どすべてが落下し、気に入ってた食器が粉々に。
  トイレの水洗も天を見上げるように噴水状態となった。
  最も大きな被害はホールの壁。20センチほど大きくずれて亀裂が入った。
  
  片付けや修理工事が終了するまで、やはり一ヶ月はかかったと記憶している。
  それだけでも、疲れた。
  「何から手をつけていいのか分からない」本当にその通りだ。

  家の倒壊や危険な状況に、眠れない不安な夜を過ごしている沢山の方たちの
  心境は計り知れなく、言葉もないけれど、
  自然は時として牙をむくように怖く立ちはだかるのだということを また思う。




《 夕焼け    岩手山が遠くに  》 


 3拍子のリズムは軽快で、聞いてると仕事もはかどるような気がする。
 そんな気分でいても、
 対することと呼吸が合わないとリズムは何だか5拍子のように。「take 5」だ♬
 何でもいいが、
 機械的に進むこともおかしいね、呼吸を整えるとしよう。
 
 

何事もなかったように、どんどん大きくなるルバーブ
 脇から茎がもう出ている!