2016年1月19日火曜日



 「雪がないと始まらない」



夕方の表情@小岩井農場

 
 
 コートを脱ぐ時の「パチパチ」で、空気の乾燥度合いが分かるようになった。
 厳冬期のこの時期は、真冬日が続くはずだが今年は続かない。
 積雪も少なく、小岩井農場の雪まつりに欠かせない雪像づくりが中止になった。
 干ばつ地帯に運んでいきたいほどの大雪だった昨年とは真逆。

 中止の発表をした直後に降った雪は、除雪車が出動した後まもなく止み、
 事前にそれが分かっていたら、と思っても10センチを超えると「出動」が待っている。
 公道の積雪に対する一定のルール。

 全国的に大雪、大荒れの天候となっている昨日と今日、
 ここだけは風もなく、静止画のように風景が広がっている。
 

  
 








    自然は気まぐれと言うけれど
    気まぐれに泳いでいるように
    見える水鳥
    ヒトはどうかな?