2015年10月31日土曜日



 ほどよい距離感


ウラの紅葉 10 / 28
















まだグリーンな部分と
紅葉途上の黄褐色なところ
葉先から赤くグラデーションを見せている
すでに地面に落下した葉

空が少しずつ広がっていく。






 ちょっとした会議が続いてて…..
 求めるのは同じでも、手法が異なったり、スピードに差があったり様々だ。
 進まない時は、少し時間を空けたり距離を取るのがいい。そうだね。


 山に登る時、
 リフトを使ってAの楽々コースを選択するか、
 時間的余裕と途中の景色を楽しみたいからBの迂回路コースを取ろうか
 脚力には自信あり。少しアグレッシブに傾斜のきつい岩ルートのCを攻めるか
 体調や時間、気象や天候も加味され考える。

 登山? 暫く縁がないけれど、人生は山登りに似ていると例えられる。
 それもそうだが、いつまでも頂上にいるわけにはいかないし。
 登って暫く下界を眺め降りて来る。
 翌日足が痛くなり、きつい苦行はやめようと心に思っても
 何だかまた登りたくなるかもしれない、と聞く。
 
 いつも見えてる山々だけど、近いようで遠く、
 いつでも行けると思うと意外と行かないもんだ。
 





   今年の冬は少し手入れをしたいウラの森