2015年6月24日水曜日



  outsourcing






 所用が立て込んで「猫の手」が欲しくなった。
冗談ではなく敷地内の刈り払いを先延ばしにしていたら、草がボーボー。
去年までは汗水たらし自分たちでやっていた仕事だが、
今年は町にある「シルバー人材センター」に依頼した。



時期が時期だけに依頼殺到でセンターの方でも「猫の手」が借りたいくらい...とか。
都合ついたら連絡となっていたが、昨日朝早くから来ていただいた。
2名のベテランは、朝の8時半から夕方5時までびっちり草刈り枝刈りetc.
before afterを撮らないでしまったが、散髪したウラの森は、ホントに森らしくなった。



《 マイヅル草 / グランドカバー》

それにしても、2名のベテランさんには恐れ入りました。
すぐに休みたくなる素人の刈り払いとは雲泥の差 
仕事というものの真剣さを目の当たりにした。
初めて依頼した刈り払いだが、7月以降はこまめに刈ることができそうだ。
予定が立て込むといろんな事がずれてくる。分かってはいたけれど。



ウラは刈っていただいたけれどオモテは手つかず。
今日は刺激され?ふた汗かいて剪定ばさみで散髪した。
気温も上昇 暑くなり 腕も痛くなる。
まぁいいか。
 
ワラビのたたき、何年ぶりかで食す。
食事はoutsourcingとは..... いかないね。