2015年3月9日月曜日



路上でダンス












 啓蟄だよと言われ、
 そう言えばアリが出て来てるし
 鶏小屋の住人もよく鳴いているし....
 何より、光の眩しさに感じる 春
 




もう雪はないだろうと思っていた日の朝、
雨と雪の中間のような重く湿った雪が久しぶりに沢山降った。
会議の時間に遅れないようノロノロ走る。重い雪にハンドルを取られながら。
ジャブジャブとシャーベット状態の道路をゆっくり走っていた瞬間
ハンドルが言う事を聞いてくれず、くるっとターンをして縁石に乗り上げてしまった!

遅れることを電話で告げ、JAFに連絡(生まれて初めて!)
すぐ引き上げてもらえると思っていたけれど、
同様のケースが朝から相当数あり、いつになるか分からないという。

結局、路上に真横に寝ている車はそのまま4時間以上放置される事となった.....
という顛末。 いわゆるハイドロプレーニング現象。
良い教訓となった。



《 屋根からの落雪はまだモンブランのように残ってて...》


人口知能でオートドライブ?
近い将来、コンピューターが人間を超えて知的能力を備えるようになったら
ハンドルを握らなくても目的地まで車を走らせてくれる、
そんな時代が来るかもしれない、というニュースを聞いた。
すでに試行段階から次のステップに移っている、とかいう話だ。
そう言えば、そういう車があったなと思い出す。


冬道走行も大丈夫なのだろうか、
ブラックアイスでも滑らないのだろうか
ハイドロプレーニング現象に陥っても切り抜ける?  
いずれにしても、100%の安全は...ないと思うんだけど。

今日は10 ℃まで気温が上昇
南側の雪はハイピッチで溶け出し始めたが、北側はまだまだ。。。