2014年12月31日水曜日



 364日



《 @小屋前 》


 一に片付け、二に掃除、三に保存食づくり、定型の年末だ。
 起動すると、止まることなく作業するのはいつもの悪いクセだと知りながら
 紛失物を発見し、「ここに仕舞っていたのか...」となる。いつものパターン。
 
 


 リースの材料を調達にウラの畑へ。
 大根を埋めてあるよ、という目印の棒の長さも雪に半分隠れていた。
 途中見つけた沢山の足跡は、ウサギに狸にカモシカそして猫!
 足跡の中、雪に足を奪われて転けたような窪みもあった。
 どこまでも続く足跡を追いかけるわけにも行かず引き返す。

 
 冬至が過ぎて、雪も降らず風も吹かない穏やかな日は
 気温が2℃上がるだけで暖かく感じる。
 人間も、ある程度は順応できるというわけだ。
 


《 27日 夕方 》

 
 イギリスには程よくグリーンが管理され、迷路になっているような庭園があるが
 除雪した通路も雪が管理され...となるのだろうか。
 今日はプラス気温で積もった雪も圧縮された感あり。 
 雪の下は、様々な植物や来春に芽吹く木々が冬眠中
 
 ここからが始まりで、ここまでが終わりということもなし。
 それでも時間は回ってて、今年365日目が始まっている。