2014年11月30日日曜日


冬支度の予行演習




《 さて、これから薪割りだ!》


 風もなく穏やかな日が2、3日続いている。
 いつもこんなに暖かいと助かるけれど、自然はそれほど甘くない事は知っている。
 葉を落とした木々に朝から沢山の鳥がやって来て、枝先をついばむその姿は
 まるでサンクチュアリの光景を見ているようだ。

 間引きする木を倒し、玉切りに(写真)。その後待っている薪割りは
 いわば木こりの仕事。プロではないが.....。
 空気が乾いたこの季節、薪を割るときの音は木々を抜けて空まで響く。
 いつ雪が降ってもいいように、冬に向けてスタンバイだ。




 
 




コナラ・朴葉・栗・楓・桐 ...etc.
ちょっと拾っただけでも種類は沢山
押し葉にする、と。




 近くに住むTさんは、実家の豆柿を3,500個剥いて吊るしていた。
 玉暖簾のようにぶら下がるその姿は圧巻。
「ナイフで剥くのは腱鞘炎になるんじゃない?」
   心配ご無用。今は皮むき機があるそうで納得したが、
   3,500個は全体の半分にも満たないと言う。 (どれだけの敷地!)

 後は時間の仕事だ。
 吊るした渋柿を熟成させ甘みを引き出し、冬の「おやつ」になる。
 2連頂いてきた。お正月過ぎには食べられるかな?

 カレンダーもいよいよ最後の1ページ。
 いろいろな事が気になる12月がやって来る。
 新聞読んで考えて、友人たちの意見も聞く。




《 久しぶりにマヨネーズを作る。黄身が余ったから、ね》