2014年10月31日金曜日





日暮れはバンジージャンプのごとく....



 寒暖の差がはっきりしてきて、朝と夜の服装にも気を使う。
 とても暖かかった10月最後の日、
 あれもこれも、あーあれもだった...と、外に出るとイロイロなことが浮上する。
 やりたい事と、やらなければならない事の一致はむずかしく
 時間のやりくり算段を意識する。

 日暮れがとても早くなった。
 秋の日はつるべ落としだねぇと言いながら、
 はて? 「釣瓶」を知っている世代はどのくらいと考えたけど、
 そんな表現の時代はもう過去のことかもしれない。
 「バンジージャンプ」なら知ってるか。

 それなら、「走馬灯」も同じかも。
 手あかが付くくらい?使用をすると飽きられる。
 表現の世界にも時代の波が押し寄せている...
 波ではなく、もしかしたらウェーブというのか。
 
 終日晴天の10月最後の1日。