2014年8月30日土曜日



窓辺に花を 心に夏を










山吹は夏の色
今年最後の小向日葵





 ツクツクボウシの鳴き声も今一つのまま8月が終わろうとしている。
 暑い夏もあればそうでない時もあるけれど、そのまま身を委ねるとしよう。

 DIYの店先で、カブトムシや鈴虫が売られていた。
 山や川に出かけ捕まえる対象の一つだったものが、今や商品となる時代。
 ・・・と考えながら目を他に転じると・・・
 南米産のヘラクレスなんとか、という2サイズも大きいカブトも! う〜ん。。
 「何処から連れられて来たの?はるばると」

 














今年最後の夏祭り
風に吹かれ旗が空に踊る。





町のK学園の夏祭りに参加した。
飛び込みでの踊りやバザー、ビンゴに風船つかみ
模擬店での焼きそばに野菜カレーetc.
ごちそうさま。



 


踊りのリードが上手で夏に舞う。
寮生たちも喜び、笑い声が飛び交う熱いひととき。














手作りの提灯
こちらも風に吹かれユラユラとスィング。






1年に一度のお祭りは寮生たちにとっても楽しみの一つ。
踊る足は土を鳴らし、その手は空も切る。
前衛的な喜びの表現は音楽と一体だけど、同じ踊りは二度としないアーティストの彼ら。
胸が熱くなったひととき。晴れて良かったね。

各種行事に一息をついて、もうじき9月。
今年は早めに夏を仕舞うことになりそうだ。