2014年7月31日木曜日


  
trap

















林を吹き抜ける風が変わった。
いつものように歩く道はいつもと同じはずなのに、
流れる風が違うと、目の前に広がる景色まで違って映る。
そう言えば、梅雨が開けたのは2、3日前だったか。

いつものように歩いていたら突然、「何か」が顔に覆い被さって来た。
ギョッとしつつ
クモの巣だとわかった瞬間、手で振り払う。
壊されてブラブラ、宙に漂うようなネットをよくよく観察すると
黄金虫が引っかかっていた。

いつものように新聞を取りに行く途中、黒とシアン色の綺麗なカラスアゲハを見つけた。
羽根をパタパタと、群青色が目に鮮やかに入って来た瞬間、空へ飛んで行く。
虫たちにとっても暑く短い夏だ。









ひっくり返っていた身体を反転させ
「ジージー」と鳴く。
黒いボデイに茶色のラインが美しい。
こんなデザインのスカートが
あったような気がするなぁ。





  《 アブラ蝉? ミンミン蝉? 》


畑の胡瓜はかれこれ40本以上採れている。
ピクルス瓶詰め脱気終了。お次は醤油漬け。奈良漬けはハードル高し、だ。
ボウリングのピンのように沢山ぶら下がっている茄子。
インゲンは言うまでもなく・・・・。


明るいニュース、心が痛みそうになるニュース。
一人つぶやいても変わるわけでもないが、
畑の野菜が食べられること、青い空を深呼吸して見上げられること。
本を読みながらゆっくり出来ること、
電話で「元気だった?」と互いを確認できること・・・ etc.

当たり前のことが難しい。










どこまでも一緒
いつも一緒
看板鶏