2014年6月22日日曜日



❤を雲の上に

《 ちぎれ雲の切れ間から顔出す》


イロイロと忙しかった昨日、夏至だったことも忘れていた。
また一日一日、明るい時間が何処かに吸い取られてゆく。


地球温暖化防止活動推進委員という固い名前の役をやったことがある。
子ども達を対象に考案した環境ゲームがあり、導く?立場にいながら
大人たちの方が真剣に考えてしまった。

トランプのような絵カード10枚のウラには
電気(エネルギー)を使うモノが描かれてあり、問いはこうだった。
「さぁ、3枚だけ選ぶとしたら君たちは何を7枚捨てる?」
冷蔵庫・洗濯機・掃除機・ドライヤー・アイロン・携帯電話・エアコン・PCなどなど。
チームに分かれてワークショップをやった後の発表では・・・
冷蔵庫と洗濯機はどのチームでも高い支持率だったが、PCと携帯で票が割れた。

知らず知らずのうちに増えていく家電製品に誰もがはっとさせられた時だった。
あ〜それなのにそれなのに、誰もが10枚以上のカードをウチに秘めている。
う〜ん、そうだった。






全盛期
涙のように光るは雨上がりのグミ
風に揺れて右に左に
携帯の「おまけカメラ」で撮るのは
むずかしい。

これが限界だね。。





カメラもバッテリー充電を必要とするのが主流になってしまった今、
通り過ぎたあの日、なくても困らない時があったことを振り返って考えてしまう。

「人は生まれながらにして知ることを欲している」 / アリストテレス
遥か彼方前の哲学者でもそう言ってたではないか。







木いちごor ヘビイチゴ? 木いちごだ。
沢山実をつけ何だか忙しそうに揺れていた

黙ってても、その時期になると開花する。
目につくと名前を知りたくなるのも・・・
アリストテレスと一緒だね。




知らない間に咲いたり実をつけたり、忙しくしていると気づかないことだ。
あちこちにイロイロな実がぶら下がり、呼んでいる。
無心になれるひとときよ、ありがとう。