2014年4月30日水曜日


バトンタッチ



《 満開! / 近くで見ると何て繊細なフォルム 》


かなり暖かくなった先週、サクラも1週間以上早い開花となった。
東京近辺よりひと月もずれて咲くのだから、気温の差は歴然。















 @ウラの畑
《 掘り出した最後の人参 / 植え付け前のキタアカリ 》





長い冬の間雪に覆われていた人参は、粘り強く「その時」を待ってたようだ。
開墾して4年。どうなるかと思いきや、大根や人参は売れるくらい?の形になってきた。
あちこちからウグイスのさえずりが聞こえてくるけれど、
四月最後の今日は肌寒く、またストーブの世話になっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 人口140万のミュンヘン市はドイツで3番目に大きな都市
 その都市の中でよく目立つ市場は、
 自称「市場大好き人間」にとっては、フラフラと引き寄せられてしまう魅力がある。
 日本でも多品種野菜の種など入るようになったせいか、
 馴染みとなったモノもあるが
 セロリアックやちりめんキャベツはひと際力強く見えた。
 




工事現場や清掃者あるいはドライバー、イスラム圏からの人たちが多く、
売られている野菜や香辛料の量、エスニック文化色を感じる。
食堂で注文した魚は鯛の塩焼きに近く、たっぷりのレモンとEXオリーブオイルを
振りかけて、ギリシャで食べた美味しい「あの味!」そのものだった。


混み合う周囲をふと見渡すと、8割以上イスラムの人が占めている。
ドイツ社会に統合できていない移民問題の事も聞いてはいたが、
スーパーや雑貨店を経営する人たち、労働者含め今や全人口の20%にもなっていると聞く。
世代も二世三世と交代し時代は進んでいる。
「鯛の塩焼き」を突っつきながら、トルコ語+ドイツ語会話に耳を傾けた不思議な一夜。


                         記憶の整理 / ④









これは雫石で採れた「セロリアック」
一見カブのようだが
カブとはまったく異なる味。
クリームスープや煮込みによく利用。





野菜の種類も多く出回り、在来種やF1種と様々で迷ってしまうことも少なくない。
何を次に託していきたいか、何を残していくべきか。
バトンタッチという言葉だなぁ、サクラを見上げ思い出している。

明日はもう5月に入るのか。。。