2014年2月28日金曜日


異次元の世界・・


《 アニマルワールド / @uehara 》


ひょんな事から「五次元の世界」について(とまではいかないが)会話した。

1次元は線の世界で、2次元は縦と横の面の世界
3次元は1と2に奥行きが加わり、つまり「空間」になるということ。
今や「3D」のメガネをかけて映画を観る時代。
そうかぁ、と理解。

でも待てよ。
日常では「3D」メガネをかけなくても立体ではないの? とふと疑問。
ワタシたちは動く時間の中にいて、それこそ常に動いていて
生きている空間の中には「高さ」があるので遠くのモノも発見できて、
(これが1次や2次元だと全部重なるような線だらけ?)
時間があるからこそ実体があり(把握できる)、
時間があることで物事は動き変化し生きている・・ということらしい。

スクリーンは「面」なので映像は観る事ができるが空間は生じない。
だから3Dメガネをかけてバーチャルな立体空間を感じるのか・・・

ここまで来てやっと理解が進んだけれど、
さらに面白い話しになってゆくというか、考えすぎて疲れてしまうはめに。。。

Uさん曰く
「人間の好奇心は止まらない・・」本当にそうだと思う。
それがあるから進歩、或は進展があり現在があるのだと。
「知」は使いしだいでヒトのためになったりその逆もあったり、いつの時代でも。

気持ちの整理をつけたく書いてしまったけれど
五次元の世界まではまだまだほど遠く、先の楽しみにしておこうっと。

(写真のアニマルワールドはUさん宅。過去も未来も一緒の動物たち)

デスクワークが山のようにありながら一時「逃避行」。
さぁ〜〜やらないと。