2014年1月28日火曜日


根を下ろす
 
《 アル& サイ@遠野 》

 
 1週間も雪が降らないと、太陽が顔を出す時間が少し長いだけでも暖かい。
 正確には「暖かく」感じる、か。
 積もった雪も圧縮され「春が近い?」と勘違いをしてしまいそうになる。
 とは言え、立春までが一番厳しい事は経験上知っているんだよ。
 
 
 用事のついでに遠野市にある「Queen's meadow」に立ち寄った。
 3度目の訪問。
 佇む2頭の彼らは間もなく近づいて、着ているコートの袖に「歓迎」の挨拶を
 してくれたまま動かない・・。認証してくれたらしい。

 解放的な季節なら、周辺の緑の草を食んだり力強く大地の上を走るだろうが、
 根を下ろす冬の季節を受け止め、静かにゆっくり春を待っているかのように映る。

 意外と知られていないが、畑などには馬糞を使用した堆肥が良いらしい。
 牛と違って咀嚼が荒いので、微生物が糞とともに有機物を分解しきれない状態で
 出て来る。そういえば含水率も随分低そうだ。
 
 
  
  《 デリケートだが、人の心を読む賢い動物 》

 遠野は馬産地としても有名で、古く「市」の日には馬が千頭近く集まったとある。
 戦場なら考えられる数字だが、移動や運送手段として馬は生活の一部であり
 馬なくして暮らしは成り立たなかった時代があったのだ。
 
 何のため生きるか。
 それを考えるためでしょう〜などと言うのももどかしいが、
 与えられている役割があると仮定し、考える機会や節目に何度も遭遇する。
 それでも分からなく他者との会話や本、映画や自然やらと対峙する。
 あ、動物との向き合いも。
  
 結局頭の中でグルグル回っているだけかもしれないが
 思考それ自体が人間の性として受けとめよう。

 馬の目を見てたしなめられたような一日・・・