2013年12月20日金曜日



選択と集中



《 ハーブと花のキャンドル / 約8時間の燃焼だって!》


どっと降った雪が今日の雨で圧縮され「かき氷」のようになっている。
X'smas寒波という言葉もすっかり馴染みとなったけれど、今年はどうかな。
天気予報より朝の最低気温の方が気になるが
昨日と一昨日の2日間はマイナス10℃だったと聞いて驚くも
それほど寒いとも思わなかったのは、身体適応しているのか「鈍感」なのか。







 《 chocolate のスポンジ 三等分スライスに・・ 》






干していた渋柿も時間の経過で
上品な和菓子と化す❤

幼少時、家のウラの柿の木に登り
取って食べた渋柿のまずさに驚いて
それ以来苦手だったのに、
いつの間にか大好きになっていた。

強烈な「渋」も頭の中で消えていた。





複数のアイテムの仕事をする時に
どこから手をつけようか、何から片付けていこうかふと考える。
時間を要するものとそうでないもの。
今やらなければならないもの、明日でもいいかぁというものイロイロだ。

そんな時に限って何かが故障したり、邪魔?が入る。
まるで行動を見透かされているかのように。

洗濯機は不思議と壊れず元気に活躍していたのに注水部分から水漏れが止まらない。
単に部品の経年劣化によるもの(消耗)だったが、交換にすったもんだした。
次は除雪機にトラブルが・・・
普段こまめにメンテナンスをするYだが、シーズン長いことから業者にお願いした。
その次はキッチンの排水の様子がおかしい、ではないか。
「ねじり鉢巻き」で 「なぁんちゃって排水管工」に変身!

まぁまぁの出来だが、管は一種の動脈硬化を起こしていたようだ。
丁寧に使用しているつもりでも、モノにも永遠の命などない。
それでも修理して、補強して、磨いて使う。点検も怠らず、ということのようだ。


出端をくじかれるように「待った」がかかり、仕事に集中できない。
師走だからではないけれど、
慌ただしい日々が流れ、気づいたらあと10日で今年も終わるなんて・・・。





 上空に沢山の飛行機雲が交差する。
寒い分だけ空は一層青く、
飛行機はルートの途中に印を残す。
見上げるココロも思わず空想する。

「まだ」平和な日常だ。