2013年11月28日木曜日


秋に さようなら




            《4日前》


            《今日 / 28日》



待望の・・・でもないが、雪。地表一面白く染まる。
冬タイヤの交換はいつもギリギリで皆に笑われるが、今年も同様の感。
みぞれ混じりの雪の中「雪天決行」と、外の作業に追われ慌てふためく1日。

「年々秋が短くなっている」
誰が言ったか忘れてしまったけれど、
梅雨も明けないような夏のような秋がダラダラ続いて、いきなり冬になる。
過ぎ行く時間の加速度が年々更新されているような気がする。


鉢上げも急いでやったが、今年はカメムシが随分少ない事に気づいた。
あの特有の臭いは一度で沢山だが、いなくなればいないで気になるなんて・・。
いないと清々するはずなのに、「何故いない?」と探してしまうこの矛盾。
異変が起きているのか、秋の台風で一掃されたのか、と。
    






ウラの森を歩くとコナラやミズナラの子どもたちが。
小さくても紅葉し、木々の更新が確認できる。
悪いなぁ〜と思いながらも枝を切って水に挿す。
10日も前のこと。

緋色の葉は1週間以上かかって土色に。
それはそれで美しい。
今年最後の落葉だ。

《絵 /  上野あづさ さん》