2013年10月21日月曜日




不機嫌な鶏





寝ぼけた脳も覚醒するような凛とした冷たい空気が漂っていた朝、
目覚まし代わりの外歩きに、木々の葉を眺める。
遅めの紅葉もゆっくりと、緑から黄緑や赤へと変化を見せている。






〈1週間前 / 今年は遅く咲いたトリカブト〉


最近だが、ニワトリにも不機嫌な事があるらしい?ことを発見した。
機嫌の良い時は、静かに人間(餌)を待っていて友好的だが、
そうでない時は、ドアを開けるや否やまるで喧嘩を売るように向かってくる。
フェイントをかけようものなら、人をヒトとして承認せず「闘鶏相手」と見なすよう。
感情なのか本能なのか分からないが、鶏にだって「怒る権利」があるのだ、と。


EUの動物福祉法の改正が最近行われた、という事を知った。
養鶏に関し「ゲージ飼い」を禁止する......という内容だった。
また、豚を生育する環境として採光や面積にも言及している。
マンションのように3LDKとはいかないが、
いずれも生きている間は生きものとしての尊厳を重んじる...... ということ。

鶏とは言え1年を通し観察していると、春と秋の行動の違いや習性が見えてくる。
動物それぞれの個性はあるが「鶏なりの」事情があることも。
同様、観察されているのはワタシたちだ、ということも忘れてはいけないか。
トリの目線で考えてみなくっちゃ。





〈上が紅葉前 / 下が紅葉後〉

雨の一日、3時間以上かけて石巻からいらしてくださった方たち。
「しっとりとした緑が美しい・・」
草取りはさすがにもうしないけど、紅葉を楽しんだ後は落ち葉履きが待ってます。
竹箒は毎年2本更新のアイテムで〜す。