2013年8月30日金曜日


トマトの旅路
























トマト約6kg、30個の「皮焼き」をした。
湯むきもあるが、大きいものは直火で表面を炙ると面白いように薄皮が向ける。
数年前にある方から教わり、なかなか合理的なので毎年この方法でやっている。

さて、作るのはトマトの冷製スープ2種。
調味料は塩と胡椒のみ。
トマトに冬瓜、セロリ、タマネギを入れ途中でバジルを入れ加熱。
ミキサーにかけるとマイルドな味に。
もう一種は、ニンニクとタマネギ少しに赤ワインビネガー、exvオリーブオイルを入れミキサーに。
一晩寝かすと美味しさが増し、夏バテも解消できるような「薬膳スープ」の趣も。
スペインの「ガスパッチョ」も美味しいが、夏の味それぞれがあることに気づく。

小さな種から真っ赤に熟すトマトに育つまで、気温にもよるが4ヶ月くらい? 
東や西、産直などにも出荷され、ケチャップやソースなどにも加工される夏の代表野菜。

明日は「オーガニックフェスタ・in いわて」
有機農業者やパンやケーキ、加工品を含め70店以上の出展になるらしい。
初めての体験。自然体で臨もう。