2013年5月29日水曜日

気力 体力 時のウン 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
26時の反省は足りなかったようだ。
朝平熱に下がり、日中働き夕方になると徐々にジワジワいやらしく熱がまた戻って来る。。。
そんな熱を調理か何かに使えないかと思いたくなるが、とにかく3日続いた「夜熱騒動」だった。
食欲だけは妙にあり、と言っても香川県に代表される「うどん」のようなものだが、
水分と一緒にツルツル入る。だから3日で治った?のか、と納得する。
 
さて、外気温も一気に上がり昨日今日と関東に追いついた。
利休梅も満開、ユキヤナギも葉っぱが見えなくなるくらいの白い花に覆い尽くされ、
こんなにも濃かったかな?と思うほど周囲もGreen 一色だ。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
随分久しぶりにスコップを持ち、土を運び種まき用にと腕をふるった。
そろそろブヨも出始めたので清少納言のようなネット帽をかぶる。
 
春から秋までのハーブがいつも足りなくなる。
そして北国では越冬できない種類のものもある。
しかし冬に買うのは….釈然としなく今年は対策を考えた。
大好きなローズマリーは最低気温が-5℃以下になると不向きと聞いたこともある。
何年前か、室内に入れ忘れたまま駄目にしたことがあり慎重にならざるえない。
 
土をせっせと掘り、荒い目や細い目のふるいにかけ大きめのポットを沢山作った。
「アフリカではわざわざふるいなどにかけるだろーか?」
「食料が本当に危機になるような日が来たら、野良着に着替え、もっと畑仕事に精を出すだろーか?」
傍で土を足で蹴りながら虫を捕食するニワトリを横目で見ながら、根源的なことを平行に思考する。
 
久しぶりで鍬だの土を運んだりすると、いかに体がなまっているかの確認作業もできることを発見。
しかも病み上がり!? 
応えた~~。
体力がない時は確かに気力も下がるけれど、
気力があっても体力がついていかないと、空回り。
時の運もないけれど、お天気には恵まれたのが幸いな、貴重な一日。
あとは土を養生させ種まきだ!
「時のウン」を待つことになる。
 
 















































今春は本当によく見つけてしまう「テン」
道路をのそのそ獲物を探しながらお散歩中。
丸々肥えて、すっかり夏毛になってまるで狸のようだ。(この後、側溝に落ち姿を消した)