2013年3月2日土曜日

ワタシノミクス
















製菓材料店に行くと、ホットケーキミックスやケーキミックスなるモノも売られていて、
風味も甘さもほどよく計算され、気軽にお菓子が焼けるようになっている。
中にはいちいち計量しなくてもいいようにそれぞれの材料が個別の袋に入り、
きれいに並べてピックアップされるのを待っている。
甘党辛党十人十色、最大公約数の人の味覚に合わせた商品の陰には、
メーカーの努力があり、イロイロな「さじ加減」があるってことだが、
お菓子づくりに関しては何か一種の方程式があるようだ。
一次方程式ならともかくも、これが二次…..になってくるとむずかしい。


それはともかくも、最近良く聞く「アベノミクス」や「クネノミクス」。
デフレや円高からの脱却と、強い経済政策案が上がっている。
それも2〜3%以上の成長を掲げている。
成長か••••

例えば、木や植物など、苗を植えて水をやり、後はお日様や天候の自然任せが基本だ
そうしてゆっくり時間をかけ成長していく。
成長の過程で変化もあるし、うまく行かないときもあるが、
自然の摂理なのだから、と妙に納得したりする。(その方が「オチ」が良い?)

スピード出して突っ走る時期はとうに過ぎ、
小舟に乗ってさざ波に揺られながら、
あっちに行く?それともこっち?と、身を委ねている。
無理をすれば、リターンが待っている。
さじ加減もいつも同じとは限らないが、どれがいいのか思案しながら動いてゆく。

ワタシノミクスは、きっとそんなところなのだろう。

一昨日は暖房なしても暖かく感じられたが、今日は暴風雪の一日。
去年の記録から見ると、今年は”ちょっと”ハードな天候で始まったことになる。