2012年12月31日月曜日

雪降る夜に

























2012年、今年を象徴する漢字は「金」だった。
金より銀、それでもワタシは「鉄」が好き。
「鉄人」になる自信ゼロ、鉄のような強靭な意思も持ち合わせていない。
せめて暮らしの中で使わせて!と、昨日は鉄鍋で紫花豆を炊き、伊達巻きを焼いた。
そういう今日は大晦日。

X'masが過ぎると、追いかけるように1年の終わりがやって来る。
笹の葉を取りにウラの林を歩いたら、大きなカモシカの足跡を林間コースの中で見つけた。
幹線道路からは見えないが、並行する獣道を伝うように山の方へ向かっていた足跡があった。
幸いにも雪の降ったあくる日。 食べ物が少なくなるこの季節は枝先の芽も食べるカモシカだ。
昨日と今日の違いを考えることはないかもしれないが、
1日1日を「生きる」という意味では、人間たちより(?)ずっと真剣かもしれない。


窓を拭きながら、
換気扇の掃除をしながら、
古くなったタオルを雑巾に縫い直しながら、
「ながら思考」はいつもの習慣だけど、この1年に残したモノ(課題)を考えていた。

近くのスキー場では松明が焚かれ、花火が上がった。
それぞれに1年のしめくくりが行われ、年が明けるのを待っている。
凍てつく夜空の下で見上げる花火、寒かったけれど贅沢な31日。