2012年4月17日火曜日


鳥もイロイロ....


〈体長は25㎝くらい。割と大きい〉

あんなにあった雪の山も一気に溶け、必死に雪かきをしていたこと
を可笑しく思い出す。
春の重い雪の下にいても、雪溶けと共に顔を出す植物の生命力に毎
年ながら驚いている。
一番先に咲くのは福寿草。これも毎年同じでオーダーが決まってい
るようだ。

さて、
写真のカケスは最近頻繁にやって来て、元気な姿を見せてくれる。
しばし観察.......
土の中にくちばしを突っ込み、懸命に何かをついばんでいた。
写真を撮ってズームで見ると、何とくちばしにはドングリの実が!



〈ほとんどペアでやって来る。まるでオシドリ同様〉

鳥と言えば、数日前にシベリアに帰る白鳥のV字飛行を今年も 見ることができた。
早く飛び立つグループがあったり、ワタシが見たのは恐らく最後の それだったのか、
思わず車を止め、青空の中を飛んでゆく白鳥の群れにみとれてしまった。

見ていると、何羽か鳴きながら、V字のフォーメーションを変 えていることに気づく。
まるで合図をし合っているかのように統率がとれて、またみとれ てしまう。

西の方向へ飛んでゆく...エッ? シベリアの方角は北のはず。なぜ西の秋田方向へ?と。
家人に話したら、帰るルートはどうなの?と想像するが、地図を見ること に.....。
それにしても2000キロ以上はあるだろう。
無事にみんな帰ることができたらいいが、白鳥に聞いてみたいものだ。