2012年3月4日日曜日





3月に入り、朝はまだ冷え込みながらもお日様まぶしく「春だよ」と告げている。
厳しい寒さも少しずつ遠のいているのが分かると、やれやれ... だ。







和菓子屋さんの店先に並ぶ、色とりどりの茶菓子。
梅の花や鶯に見立てたものや、菜の花を散らしたような鮮やかな”求肥”のお菓子。
実際には、花どころか、まだ芽吹いてもいない北国の春
(こんな歌 あったな)なのに、
お菓子の世界は季節を先取り、一足早くワタシたちを春に導いてくれるのだ。

それにしても、和菓子作りはまさに職人芸だといつも思う。
日本人は季節を愛でる、自然を愛でると言われるけれど、
椿の花や山に咲くコブシの花などを菓子に見立てるセンスは
日本な らでは、と感心する。


盛岡市に、和菓子づくりの匠がいたと聞く。
目が不自由な方だったらしいが、手のひらで心の中に見える桃の花を
形どる。際立った感覚をお持ちだったのだろう。
その方は既に亡くなられて、後を継いだ方がその感覚も引き継 いでいる。


3月の和菓子...と言えば大好きな桜餅。
そろそろ卒業式 送別会 別れや旅立ちの季節だ。
節目の季節、でもあるわけで....。