2012年2月25日土曜日


バーモントの視点/岩手との関連性 その②




金子さんのお話から。(続編)

日本では後継者問題がある中、有機農業を目指す若い世代も少しずつ増えている、と聞いた。
直接的きっかけを作ったrural vermontの存在は大きい。

エネルギー/住宅の話から……..
●原子力発電所は一カ所あるが、この3月で40年を迎え、廃止か、延長稼働となった。
 バーモント州では何と圧倒的多数が廃炉と「反対」を表明したのだが、
 アメリカでは原発の存続の是非を下す権利を所有しているのは
 唯一NRC(National Regulation Committee)だとか。
 そこが「yes!」とオーケーを出せば、例えばもう20年運転が可能になることもある….。

 バーモント州では反対を貫こうと一丸になって国と闘い?
 3月下旬にはその判決が出る、と言っていた。
 気になるなぁ。。。。

●薪ストーブの普及率はおよそ10%だが、普及しすぎると燃料の木が不足する懸念もあり、
 エネルギーの問題はいずこも同じで、自然エネルギーの導入は待ったなしだ。 

 「transition town 」。初めて聞く言葉があった。
 ピークオイルと気候変動の危機を受け、地域の資源を最大限活用しながら、
 脱石油型社会へ移行してゆくことらしい。

 ソーラーパネルの導入の援助があり、資金は町から借り入れることができる。
 そしてその返済は、毎年の固定資産税と一緒に払ってゆく、と。

 家主が代わったとしても、返済も新しい家主が払う、という仕組み。おもしろい。