2012年2月16日木曜日


春の音




荒れ狂うブリザードから一夜、気温も上がり久しぶりに穏やかな朝を迎える。
何とはなしに外を見ていたら、一羽のカケスが目の前の小楢の木にやって来て枝にとまった。
「ジェージェー」と鳴くカケス。英語ではBlue Jayと言う。
大きさは鳩ぐらいだろうか。名前の通りの青と茶の色合いが美しい。
慌ててカメラを取りに行き戻ってみたら、何処かへ飛んでしまった後だった。

今年の冬は、飛来する鳥の数が何となく少ないな、と感じていたが、
カケスを見たのはこれで3度目だ。
その後も、次から次と小鳥たちが飛んで来ては木々の間を往復したり、
冬のわずかな日差しの中を駆けるように、リスもやって来た。
そうか....、強風から身を隠す場所もなく、
時には餌の確保もままならない鳥たちは、
「ひどい天候ね」とうらめしく思う人間たちよりも、
過酷な環境にいるのかもしれない。勝手な憶測だが。


先日、知り合いからはっさくを頂いた。
確か熊本...産で無農薬で栽培されていると聞いたような、
色があんまり良くないから、 と言いながら渡して下さった。
自然任せのはっさくは、甘さもほど良く美味しかった。

鳥の訪れに春の音を聞き、頂いたはっさくに春の色を感じる。
2月もすでに折り返しだ。早い....