2011年12月4日日曜日


雨と虹




とうとう12月を迎えてしまった。
.....しまった、と言うのは何だか否定的表現のニュアンスがある。
指摘されそうだけど、指摘されそうな通り『迎えざるえない』月が、来てしまった。
例えば、賀状書き? 大掃除? 冬のための保存食づくり? 
リストアップすればきりがなく、消化できそうもなさそうなのでやめておこう。


チャリティー会に出かけた。
途中、突風と横殴りの雨の中を車で走行中、一瞬晴れ間が顔を出し
空に大きな虹がかかっているのを発見!
カメラはなかったので携帯電話でパチリ!
後ろの車も気になり急いで撮ったのでよく写ってない。
後で見たら、「う~ん、送電線が邪魔をしている..」
久しぶりに見た虹は、空中に大きな橋をかけ、地上を包み込んでいるようだった。

虹、と言えば、
PACEという七色の「旗」がある。
一見アフリカのどこかの国の旗のように見える旗。
戦争に反対し平和を求める意志を表しているフラッグだ。

知ったのは8年前、とあるきっかけがあってのこと。
旗が生まれたのはもっと前にさかのぼる。
発案されたのが1960年代のイタリア、というから50年も前のことだ。

フェアトレードを扱っている店や書店などでチラッと見たことがあるかな...程度。
あまり掲げている所はないので殆んど知られていないが、歴史は古いことになる。


実際の「平和の旗」はこんな具合。
なんとなくアフリカっぽい配色




チャリティー会の収益は社会福祉協議会を通し「助け合いの会」に手渡しとなると聞いた。
何ごともなく平安に暮らすこと、そのことが一番むずかしい。