2011年6月29日水曜日


「夏に至る」日を過ぎ、「天井扇風機」の出番。


(湿度が高い時はこうして上から風を送ってくれる)


あれほど爽やかな風が流れていたのに、梅雨入りと共に湿度がいきなり急上昇。
そんな無風の中で、木々の葉は黙り込み、次の風が吹くのを待っている。
蒸し蒸しする外とは裏腹に、木々に囲まれている家の中はエアコン無しでも
涼しいので、外に面しているガラスの外側に結露が起きた。
寒い冬に暖房を入れると、温度差で室内に結露が生じるように、それとは逆のことが...。
湿度の高いことがわかる梅雨時の時々の光景だ。と言うより自然現象か。


北では梅雨入り真っ最中に、
南の地方では平年より早い梅雨明けが発表され、
昨日に引き続き、今日も各地で35℃以上の猛暑日となったとか。
南北に長い日本は、気候まで「二極化」になっているように感じる。



気温と言えば、昔学校などで見かけた「百葉箱」、(響きがレトロ!)
その箱の中で温度を観測していた記憶がある。
デジタル時代の今は、芝生の1、5m上に置いた筒の中に入れたセンサーで観測し、
「今日の最高気温」などと発表されていることを今朝のラジオで聞いた。
太陽が当たらない、風通しの良い「場所」での観測であることは同じだから、
アスファルトの上などは「最高気温」よりさらに高い、ことになる。
体温より高い....う〜ん辛いな。