2011年5月26日木曜日


現代版ミヤザワケンジ?(失礼・・・)




夏至までが大好きなシーズン。
何と言っても明るい時間が長いので、
仕事が終わってからも『仕事』ができる...。
しかし、敵は周囲に沢山いて、夕方以降は吸血系の虫が
「待ってましたぁ!」とばかり集まって来る。
ブヨにヤブ蚊にアブ。おまけは1mm サイズの厄介な「糠蚊」。
集中的に顔を目がけてやって来る。
白旗を上げたくなるけれど「ガマン」。
ネットは少し暗いけれど、お助けグッズです。

「雨にもマケズ」で有名な宮澤賢治は、小岩井農場周辺を散歩したり
岩手山へ登山したり、ナチュラリストの一面ものぞかせている。

「一緒に正しい力を併せ  われらのすべての田園と  われらのすべての生活を
一つのおおきな 第四次元の芸術に 創りあげようではないか....」

虫にもマケズ、腰の痛みにもマケズ、収穫を夢見ることにしたい。