2011年5月25日水曜日


主役と脇役




木の下にグランドカバーのように沢山咲いているマイヅルソウ。
なぜか、中にフキの葉が1枚...排除されることなく溶け込んでいる。


「春の目覚め」は、次から次へと日々新しい展開を見せて飽きさせない。
野山に咲く花は、自然の中で自生し自ら子孫を増やしているが、
年ごとに株が大きくなっていたり、
地中で広く根を伸ばしテリトリー?以外にも浸食していたりする。
光を好むものがある一方、日陰が気に入っているものとさまざまで、
「ないものねだり」で買った植物や、知り合いから頂いた山野草も、
いつの間にやら「大家族」に成長して春のにぎわいを見せている。


この4、5日間の写真....。



「エンレイ草」



延齢草と記すので長寿っぽいイメージで覚えてしまった。白とエンジ色がある。





盛岡市のNさんから頂いた「クマガイソウ」竹林のように地下茎で根を伸ばし、随分増えた。

「チゴユリ」


木の下に群生する「稚児ユリ」は名前の通り。
近くで見るとユリの花のミニチュア版。いつも下を向いている。


「バイモユリ」



漢字で表すと「貝母ユリ」これもユリ科で下を向いて咲く。




「利休梅」
利休が最後に愛した花....と、かつて聞いて覚えたが全く関係ないらしい。
でも、どことなく歴史観とロマンがあるようで、それもいいかと。
香りもいいし...(関係ない?)


どれが主役か脇役なのか分からないくらいの植物と木花たち。
春の短い期間に咲いたかと思う間もなく散ってしまう。
知らない植物でも、それぞれを画像として記録できる今は後で図鑑と照合し
名前もしっかり覚えることができるけれど、
遥か昔、果たして人はどうしていたのだろうかと想像してしまう。
名前をつけた人が「意味」を必要としていたのもしれない。
人に伝えるために....。


一瞬で散りゆく花に対し、
負けじと触手を伸ばす枝先の葉は秋までの長い時間をそこで費やし、酸素を供給してくれる。
鳥たちが毎朝来る 光景もしばらく続く。

平和で、申し訳ないような気分に少しなってしまう.....。